FXトレードで負けないために意識している3つのこと!






こんにちは、30代サラリーマンのあおはるです。

あおはる@aoharufx(ツイッター)

 

今回はいつもと違って、普段私がFXでトレードをするにあたり、意識していること、決めているルールなどを紹介していきたいと思います。

 

普段のチャート分析でもお伝えしている内容になりますが、1年程度の期間でトータル勝ちを目指すには、現実的な手法だと思っており、ここ数年は10万円から20万円程度のプラスを出せています。

 

現状FXで資金を溶かしてしまう人にとって、少しでもトレードの参考になればと思います。

 

それではFXで負けたくない人は、最後までどうぞ!

 

 

 

FXトレードで意識していること

 

ロットを小さくする

 

まず一つ目に意識していることは、「ロットを小さくする」ということです。

 

このロットを小さくすることで、値動きが小さくなり、精神的な負担が減ることが一番大きいです。

 

値動きに動じることが少なくなり、無理なトレードや、チキン利確、損切りなどで資金を減らしてしまうことから守れます。

 

反対にロットを大きくした時のことを考えていくとわかるのではないでしょうか?

 

ロットを大きくすると、チャート画面に張り付いて体力的、精神的にも疲弊してきますし、ミスが許されない状況になると思います。

 

資金が倍になるか、ゼロになるかのギャンブルをする場合には、ロットを上げていくことはいいと思いますが、資金を増やすことが目的だと思うので、ロットを上げすぎるのはやめておきましょう。

 

 

損切りをしない

2つ目に意識していることは、「損切りを極力しない」ということです。

 

損切りって大事なんじゃないの?と思う方が大半だと思いますが、実際に私はほとんど損切りはしませんし、逆指値でストップを決めることもほとんどありません。

 

おそらく、FXの本やブログなどでは損切りが大事で、利益をとことん伸ばしていく、損小利大という言葉をよく聞くと思います。

 

FXで資金を減らしてしまう理由ってなんだと思いますか?

 

損切りするからなんですねー笑

 

これ本気で私は思ってます。

 

損切りするから資金が減って退場してしまうんです。

 

ちょっと何言ってるかわかんないですね!笑

 

損切りをして資金を守ることが重要なんじゃないの?という意見が大半だと思いますが、実際にあなたはそれで勝てていますか?

 

損切りするということは資金が減りますし、トレード回数が増えるということなので、スプレッド分のマイナスが大きくなっていきます。

 

100pipsを1回のトレードで取ると、スプレッドは1回分になります。

反対に100pipsを10回のトレードで取ると、スプレッドは10回分になります。

 

結局勝てればいいのですが、手数料(スプレッド)を多く払ってしまうので、そりゃどんどん負けますよね?という話です。

ですので、極力取引回数を少なくすることで、このスプレッド分を節約する意味もありますし、それを実現させるために、ロットを小さくしておくことにもつながってきます。

 

ロットを小さくすることで、1回のトレードで100pipsを取るまでホールドするようなトレードも実現可能です。

 

仮に買った瞬間に値下がりしたとしても、資金が多くあり、ロットが小さい場合は価格が戻るまで待つことができます。

そして利益になったら決済をかけると言った感じです。

 

 

多通貨分散を意識する

3つ目は「多通貨分散を意識する」ことです。

これはドル円だけじゃなく、ユーロドルやポンド円などのいろいろな通貨ペアを組み合わせていきましょうということです。

 

例えばドル円を買う場合、ロットを小さくして、損切りをしない状況を作ったとしても、ドル円相場が下がり続けた場合はどうしようもありません。

 

このリスクに備えるのが、多通貨分散です。

 

例えばドル円は買い、ユーロドルも買い、ポンド円は売りみたいな感じにしておくと、ドル円のトレードではうまくいかなかったとしても、他のユーロドルとポンド円で損失を補填できる場合があります。

 

最悪を考えると、多通貨分散を入れた通貨ペア全部がマイナスになることも、可能性としてあります。

 

なかなかこんな状況はないですが、可能性としてはありますので、この時ばっかりはどうしようもありません。

 

またこの全てマイナスになった時のことを考えて、ロットを小さくしておくことが重要だと思います。

 

 

まとめ

ということで、普段私がFXトレードをする際に意識していることをまとめてみました。

  • ロットを小さくする
  • 損切りを極力しない
  • 多通貨分散を意識

 

これらを実践して、毎年小さい金額ですが、利益につなげています。

 

資金的には10万円の資金を1年間で2倍程度に増やすぐらいの感じでやるといいと思います。

 

ちなみにこの手法のメリットは負けにくいことですが、反対にデメリットとしては、大きく利益を狙えないということはわかるかと思います。

 

リスクとリターンは表裏一体なので、これは異論がないかと思います。

 

一晩で数百万円をトレードで勝った!などという爆益情報がSNS上では見受けられますが、そんなトレードとは無縁な地味で泥臭いトレードです。

 

個人的にはロットを大きく張ったギャンブルトレードも好きなので、どうしてもギャンブルトレードをやりたい人は、口座を2つに分けることをお勧めします。

 

1つの口座では安定的にゆっくりと増やしていくことを目標にして2つ目の口座ではなくなっても良い資金を入れてギャンブルトレードを楽しむ方法です。

 

ただ、結局は人それぞれトレード手法は違うので、自分に合ったトレードスタイルを見つけることで、好きにトレードしていきましょう。

 

今回の内容で少しでもあなたの利益になれば幸いです。

 

それでは今後も良いトレードをしていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・