楽天SPUの楽天pashaを諦めていた人必見!私が誤解していたことについて説明






こんにちはあおはる@aoharufx(ツイッター)です。

今回は2021年8月1日より、改悪されたSPU項目である、楽天pashaの補足になります。

 

先日に楽天pashaの改悪状況についての解説と、利用価値について考えていきましたが、誤った認識がありましたので、訂正をさせていただきます。

 

少し難易度は上がりましたが、実際にやってみると、金額的なコストは少なく達成できます。

こちらが前回のブログ内容ですので、参考に!

 

楽天Pasha改悪!改悪状況と費用対効果について考える

 

ただ一部誤解がありましたので、こちらで補足させていただきます。

 

 

楽天pashaでの今日のレシートキャンペーンにて10枚の勘違いについて

 

結論として私が誤解していた達成条件は、

 

今日のレシートキャンペーンにて10枚という項目です。

 

この項目について、トクダネに掲載されている商品を最低10個は購入して、レシートをもらう必要があるということで、費用対効果が薄いという考えでいましたが、ここが違いましたね

 

 
今日のレシートキャンペーンというものは、今までやっていたトクダネとは違っていた様です。

トクダネは対象商品が楽天側で設定されていましたが、こちらの今日のレシートキャンペーンでは、何を買ったレシートでも大丈夫ということです。

 

ということは、普段のスーパーやドラッグストア、飲食店での買い物でもらうレシートでいいわけです。

 

こう考えると、レシートをもらうために買い物をする以外は、普段の生活で購入したレシートを保管して、送信するだけで、費用はかからないということになります。

 

 

私の場合は、普段コンビニやスーパーであまり買い物をしないため、妻にスーパーやドラッグストアでもらったレシートを保管してもらう様に伝えましたので、レシート集めには困りません。

 

それではもう少し今日のレシートキャンペーンの細かい仕様について見ていきましょう。

 

 

楽天パシャの今日のレシートキャンペーンの概要

 

まず楽天パシャアプリを開くと上の様な画面になります。

 

その中の上の方に、今日のレシートキャンペーンというものがありますので、ここをクリックしていきます。

 

 

そこでは上記の様な条件が記載されています。

 

Q:対象レシートは?

A:スーパー、コンビニ、ドラッグストア、ディスカウントストア、飲食店で発行された紙のレシートのみ!

A:送信当日のレシートのみ(1日最大5枚のレシートを送信可能)

A:商品の購入が確認できるレシートのみ

 

ということで、普段使っているスーパーでの買い物のレシートなんかが対象になりますし、私の場合は昼ごはんにマクドナルドを利用したのですが、こちらのレシートでも対象になりましたよ。

 

ちなみにマクドナルドの優待券を使って、支払い金額が0円のレシートでも対象になりましたよ。

 

 

以下NGとなるものについてもまとまっていますので、載せておきます。

 

 

 

Q:NGとなるものは?

A:レシートでない クレジットカード、納品書など。

A:対象店舗以外のレシート 郵便局、タクシー、書店、衣料品店、100円ショップ、駐車券等

A:商品購入以外のレシート 合計金額が0円のもの(マクドナルドの優待券での0円はなぜか可能でした)、公共料金の支払い、電子マネーチャージ、コピー機利用明細等

A:自動販売機で発行された領収書

 

 

まとめ

OKなレシートと、NGなレシートの判断が曖昧な感じもしますが、とりあえずは審査が通るかは、色んなレシートを送ってみることをおすすめします。

 

 

個人的にはホームセンターをよく利用するのですが、そのレシートが対象になるのかが疑問です。

 

 

スーパーやコンビニ、ドラッグストアが対象なら、対象になる様な気もしますが、どうなんでしょうか?

 

 

結果的に、トクダネの対象商品を10個購入するという風に思っていましたが、そういうわけではなかったので、この条件のうちは楽天pashaを利用して、楽天SPU還元に参加したいと思います。

 

ちなみに最近では、お茶やコーラが150円程度で50ポイント獲得できるので、6個購入の900円程度あれば300ポイントという最低条件はクリアできます。

 

さらにトクダネを達成させた時の50ポイントが6商品で300ポイントは還元されるので、実質600円程度で楽天パシャSPUを達成させることができると考えることもできます。

 

600円分のコストをペイしようと思うと、楽天市場で12万円分の購入で元が取れます。

 

 

楽天市場で12万円分の買い物をしない人は、無駄な出費になってしまうので注意しましょう。

 

 

それでは今回は楽天パシャの改悪状況について、私が勘違いをしていた今日のレシートキャンペーンについて補足をしていきました。

 

それでは今後もお得に生活をしていくための情報を発信していきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・