ポンド売りを入れたので報告とエントリー根拠について!かなりシンプルです。






こんにちはあおはる@aoharufx(ツイッター)です。

本日はFXで2つのポジションを追加しましたので、その報告とエントリー根拠について、何を考えていたのかについて公開したいと思います。

 

ポンドドルとポンド円をショートで狙ってみましたので、順番に見ていきましょう。

 

 

 

FXチャート分析

ポンドドル

ポンドドル

ポンドドルの4時間足チャートです。

 

普段は日足や週足でやってますが、見やすくするために4時間足でお伝えします。

 

ちょうど日足ベースでの赤いチャネルラインがありますが、その上限にきていることが確認できます。

実はこのあたりは過去にも反応していたポイントになっており、水平線ラインを引くと面白いと思います。

 

よければ実際にやってみてください。

 

利確設定ポイントはチャネルラインの下限付近に設定しており、損切り設定はしていません。

 

やっぱり損切りを入れると負けるイメージがあるので、私はやっていません。

 

 

ポンド円

ポンド円

ポンド円の4時間足チャートです。

こちらもポンドドル同様に、ショートでエントリーしました。

考え方はポンドドルに近いですが、こちらは水平線ラインでの反応が見られたので売ってみました。

利確ポイントも同様にチャネルラインの下限付近です。

 

上値が抑えられているので、なかなか上に行くイメージができずに売っていますが、もし買って行くなら移動平均線にサポートされることを理由に買ってもいいかもしれませんね。

 

移動平均線を下に抜けてきたら損切りを行うなど、マイルールを色々検証してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

今回はエントリー根拠が、チャネルラインと水平線ラインだけでエントリーしています。

 

ちなみに他に保有している通貨ペアに関しては、ドル円の買いも保有しています。

そのドル円の買いと損益を相殺させるために、ポンド円は売っている様な感じです。

 

クロス円はある程度相関関係にありますので、買いと売りを同時に持つことでリスクヘッジになります。

 

今思えば昔は相関関係をよく見てトレードしてました。

 

相関関係についてご存知ない方は、勉強してみても良いと思いますよ。

 

トレードの幅が広がると思います。

 

本日はとても簡単な内容でしたが、私のトレードはいつもこんな感じです。

 

時間をかけたのも数分程度で、コスパは良いと思います。

 

それでは。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・