FXでの買いと売りをかんたんにマスターしてトレードに活かそう!






こんにちは、30代サラリーマンのあおはるです。

あおはる@aoharufx(ツイッター)

このブログでは、FXを始めたい人が、つまずくポイントについて解説をしています。

今回はFXで言う、「売りと買い」の意味がわからないという方向けのページです。

 

この売りと買いは、FXでの基本中の基本なので、この意味合いを理解することが必須です。

考え方は簡単ですので、しっかりとマスターしておきましょう。

 

 

FXでの買いと売りの意味は?

FXでの買いと売りについて説明していきます。

 

以下では、ドル円(USD/JPY)を例に説明していきます。

 

 

FXでの買いについて ロング

まずFXで言う「買い」についてですが、別名「ロング」とも言います。

なぜ「ロング」と言うのかについては、あとで説明しますね。

 

 

ドル円(USD/JPY)を例に取って、言葉で説明すると「ドル円を買う」ということになります。

 

このドル円を買うという言葉が理解しにくいですよね。

 

このドル円についての考え方は、

 

「円をドルに交換することを指しています。」

 

あなたが例えばアメリカ圏のハワイに旅行へ行くとします。

その時に、円をドルに両替すると思いますが、その行為がドル円を買うということです。

 

ドル円相場が100円の時に、日本円100円を1ドルに交換するとします。

この状態のことをドル円を買うといういうことです。

 

なんとなく理解頂けましたか?

 

そして、このドル円を買う場合にどうやってFXで利益にしていくかについて説明していきます。

 

先ほどのハワイに旅行に行く場合を例にとってみます。

レートが1ドル100円の場合としますね。

日本からハワイに行く時に、100円を1ドルに交換しました。

旅行から帰ってきた時に、この1ドルを日本円に戻す時の相場が、1ドル110円だったとします。

1ドルを日本円に戻すと110円になって戻ってきます。

 

とすると、なんと日本を出た時からすると、10円分を得しているじゃないですか。

これがドル円ロングの利益の出し方です。

ドル円相場が安い時に買って、高い時に戻すことで利益を出すことができます。

先程の例では10円の利益でしたが、FXは取引単位が1000通貨、1万通貨、10万通貨など、取引量を増やすことができます。

 

  • 1000通貨なら1000通貨×10円=10000円
  • 1万通貨なら1万通貨×10円=10万円
  • 10万通貨なら10万通貨×10円=100万円

の利益になります。

 

こうやって、この取引量のことをロットと言いますが、このロットをあげることで、大きな資金を動かすことができるんです。

 

 

FXでの売りについて ショート

次にFXでの売りについて説明します。

売りのことを別名ショートとも言います。

ドル円を例に取ると、ドル円を売るという言い方になります。

このないものを売ることから始めるのが、なかなかイメージつかない人が多い印象です。

現実世界では、安く買ってから高く売るのが鉄則で、高く売ってから、安く買うことは現物の商品ではなかなかないですよね。

 

ただ、この為替の場合で言うと、先程の買いの反対をイメージしてもらえればいいと思うので、イメージはしやすいと思います。

 

先程の逆というと、ドル円を売るということは、ドルを円に替えるということになります。

 

さきほど旅行先のハワイから帰ってきた際に、保有していた1ドルを日本円に戻すことを説明しましたが、このことをドル円を売ると言います。

 

イメージできましたか?

ドル円を買うということは、円をドルに交換することで、ドル円を売るということは、ドルを円に交換することを意味します。

 

それではドル円の売りで利益を出すことについて、イメージしてもらいます。

 

ハワイに住んでいる方が、日本に旅行に行く際に、ドルを円に交換する場合を想定します。

その時の相場が1ドル110円の場合、1ドルを日本円に交換すると、110円分の日本円を獲得できます。

 

その後日本からハワイに戻る際に、その110円をドルに戻す場合、ドル円相場が100円になっていたとします。

この時は100円で1ドルに交換できるのですが、今保有しているのは110円なので、1.1ドルになって返ってきます。

ということで旅行前と比較して、0.1ドル多く返ってくるわけです。

 

これがドル円の売りで利益を出す仕組みです。

ドル円相場が高い時にドルを売って、ドル円相場が安くなった時にドルを買い戻すという感じです。

 

だいたいイメージできましたでしょうか?

まとめると、

  • ドル円を買うということは、ドルを安く買って、高くなったところで売って利益を出す。
  • ドル円を売るということは、日本円を安く買って、高くなったところで売ることです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なかなか文章でお伝えすることが難しかったのですが、ドル円の場合は、右側の通貨を左側の通貨に替えるということになります。

これがポンド円なら、円をポンドに交換することですし、ユーロドルなら、ドルをユーロに交換することになります。

 

最後になぜ、買いの事をロングと言って、売りの事をショートと言うのかについて説明しておきたいと思います。

 

ポンド円のチャートです。

時と場合によりますが、上に向かうより、下に進む時の方が早いため、下向きにかけた時は、価格が早く進むので短い(ショート)と言います。

逆に上向きに進むのは、長い時間がかかる(ロング)ためです。

 

おそらくこのパターンが当てはまるのは、買いで攻めている人が多いからだと思います。

価格が一方向に進むのは、損切りを入れている人が多いためだと思われます。

 

また後日、損切りを入れていると、一気に相場は動くのかについても解説していきたいと思います。

 

それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・