儲けている時こそ、普段通りのトレードを!気持ちが大きくなると100%損します。






こんにちは、あおはる@aoharufx(ツイッター)です。

2月も最終日になりました。

2月最終週は株の暴落などがあり、相場が動いた週でした。

私個人の資金もこの影響で目減りしてしまいました。

ただ、ロットは抑えているので、まだまだ大丈夫です。

今回の損失で学んだことは、

「儲けた時こそ、いつも通りのトレードを!」

です。

2020年は多少の利益が出ていましたので、そのプラスがあったおかげというかなんというか、大きくロットを張って、なくなってもいいやという気持ちでのトレードもしてしまってました。

うまくいけばいいですが、やはり相場が気になって精神的にもよくなかったです。

次こそはこんな失敗はしないように、しっかりここで宣言をさせていただきたいと思います。

 

はい、これで今後は無茶なトレードはしないと思います。

この自己抑制がかなり難しいですよね。

 

それでは次週のトレードに向けて、チャート分析をやっていきましょう。

 

FXチャート分析

ドル円

ドル円

ドル円の週足チャートです。

前回のチャネルラインからもう一本高値を結んだラインを引いてみました。

緩やかな下方向に伸びているチャネルラインが効いているような感じがします。

ただ、この状況でも三角保ち合いは変わらず継続しているだけに思います。

どんどん先が細くなっていって、需要と供給で価格が安定してきているような感じです。

ただ今後はこの三角保ち合いを抜けて、一気に相場が動くことが予想できますね。

今からどちらに動くかを予想できれば楽なんですが、それは厳しいと思っています。

これから逆張りで攻めて行くのは結構リスキーなので、静観する選択肢もありかもしれません。

現在ロングメインになっていますが、たまらずショートを5000通貨だけ入れて損失を限定させました。

ただ、天井での2万通貨が本当に無駄です。笑

 

ユーロドル

ユーロドル

ユーロドルの日足チャートです。

こちらではロングポジションだけになっており、ドル円と損益は相殺できています。

こちらのチャートはチャネルライン通りに動いているようなので、一旦の調整の下落はあるにしても、もう少し上昇する余地はあります。

 

ダウ平均株価

ダウ

ダウ平均株価の日足チャートです。

ダウに関しては先日の記事で分析しましたので、細かくは見ませんが、一旦の調整の買いが起こっているようですね。

前回の安値付近の黄色い水平線で止まっている様な感じになっていますので、一定数のロングは出るんでしょうけど、まだまだロングを打つには怖いなぁと思っています。

とりあえずこの急落に手を出すのはリスキーなので、落ち着いてからのトレードでいいと思いますよ!

 

ゴールド(金)

ゴールド

ゴールドの4時間足チャートです。

有事の金と言われている金が売られまくっています。

金が売られて、ドルが買われている様な状況です。

一旦の天井が作られましたので、今後もし上昇してくる様なら、戻り売りを検討したいと思います。

また天井を目指すなら、さらに上昇するかもしれませんが、ファンダメンタル的な要素では、金が発掘された様で、金の価値は基本的には下がる可能性があります。

 

ポンド円

ポンド円

ポンド円の日足チャートです。

ロングをなぜしたのか不明な通貨ペアです。

基本的にはエリオット波動の下落3波動がくると予想はしてましたので、基本通りのトレードをしていたのなら、利益を取れていた相場です。

フィボナッチで利確目標の161.8%を表示させてみると、あと少しの下落がある様な感じです。

今後は上昇の5波動が来るタイミングが来るまで待つことも重要かと思います。

今から仕掛けるのは、結構難しいかなと思っています。

一応相関関係のあるポンドドルの通貨ペアも見てみましょう。

 

ポンドドル

ポンドドル

ポンドドルの日足チャートです。

ポンド円と同じく下落中ですが、こちらはポンド円と異なっているところがあります。

それは

「チャネルラインが効いている!」

ということです。

このあたりは、チャネルラインも効いていますし、水平線ラインもあるので、一定数の買いが集まるところでもあるので、一旦の利確ポイントになっています。

今後の値動きについてはポンド円同様で、様子見がいい気がしています。

 

まとめ

今回は様々なチャートを載せていきましたが、どれ個人的には狙ってはいたけど、全く取れなかった通貨ばかりです。

自分の分析をぶらさずにトレードができていればかなり大きな利益を取れていたはずです。

長い時間軸の中での環境認識を大切に今後のトレードに役立てたいと思います。

ただ、大きなロットを張るには資金に余裕がないので、小さく攻めるしかできません。

儲けたからといって、大きいロットを突っ込むとほぼ確実にその利益を吹っ飛ばします。

それは利益を吹っ飛ばしてもいい!という考えがトレードに出てしまうからです。

大きなロットを貼ってのトレードは、精神的によくないので、利益はすぐに利確してしまいますし、損失は利益がもともと出ている分だけ許容してしまうので、注意が必要です。

普段通りのトレードをおすすめします。 

それでは良い週末を!

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・