楽天カードの利用枠復活!先払いをする時にSPUで損しない方法!






こんにちはあおはる@aoharufx(ツイッター)です。

先日楽天カードの利用枠を使いきってしまったので、「先払い」をしました。

楽天ポイントせどりをする方にとっては、利用枠を復活させたいということもよくあると思います。

ただ、この先払いをして利用枠を復活させる時に考えておくべきポイントがあります。

それは「楽天銀行+楽天カードのSPUで+1倍」です。

楽天ポイントせどりをされている方は、まず楽天銀行を引き落とし口座に設定していると思いますので、その時の注意点について見ていきましょう。

何も考えずに先払いをしてしまうと損をしてしまうことになりますよ。

 

楽天SPU「楽天銀行+楽天カード」の概要

まずSPUである「楽天銀行+楽天カード」の概要についてです。

楽天市場での買い物を楽天カードを利用して、その楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすることによって、ポイント倍率が1倍アップするサービスです。

細かい条件はお引き落とし日(口座振替日)に引落が完了したお買い物!となっています。

ちなみにこのお引き落とし日(口座振替日)は27日です。祝日の場合は翌営業日になります。

この概要をまずは頭に入れてください。

続いては、この楽天SPU「楽天銀行+楽天カード」が対象外になることについてまとめてみます。

 

楽天SPU「楽天銀行+楽天カード」でポイント対象外になる使い方とは?

それでは楽天銀行+楽天カードのSPUが対象外になる使い方についてよくありそうな事例についてまとめていきます。

まずは以下にポイント進呈対象外になる事例についてまとまっています。

 

ポイントで支払いサービスよりご請求金額をポイントでお支払いされた場合

このサービスはよく使う人が多いイメージです。

確かにカードの請求額にポイント利用できるのは、メリットの様なイメージです。

私も以前に一度だけ使用したことがあります。

ただ、これを使ってしまうとSPU対象外になってしまいます。

 

例えば楽天市場で10万円分の商品を購入した場合に、そのまま楽天銀行からの引き落としがされた場合は1%分のポイントがつきます。

すなわち1000ポイントが付与される訳です。

 

次にポイント1万円ポイントを支払い金額に充当した場合はどうでしょうか?

10万円の請求金額に1万ポイントを使用すると、請求額は9万円になります

支払い額が減ってラッキーな感じがしますが、この時に付与されるSPUは9万円に対しての1%になります。

すなわち900ポイントが付与される訳です。

 

1万ポイントを使うことで付与されるポイントが100ポイント減ってしまうんです。

楽天ポイントせどりを行う上では、この現象は覚えておく必要があります。

実際にポイントについては、1%以上の還元率で利用することもできるので、このポイント支払いサービスは最終手段として使うことをおすすめします。

 

このポイントの最適な使い方については後日記事を書いていこうと思います。

 

注文後に決済方法(銀行振込等)に変更された場合

今回私が困ったのがこちらです。

楽天カードの利用枠を復活させるべく、請求金額の先払いをして、利用枠を復活させようとしました。

ただ、この先払いというのは、振込払いになるんですよね。

この時点で「やばい」と感じてしまいました。

この先払いをした場合は、SPUに影響はあるのか?

その確証が欲しかったのですが、ネットで調べてもYouTubeで調べてもこの情報は出てきませんでした。

とりあえずは身をもって体験してみようと、とりあえず先払いの手続きを進めてみることにしました。

 

私の場合は楽天プレミアムカードを保有しているんですが、電話での問い合わせで先払いサービスを申請することができます。

 

先払いする時の方法について

まずは先払いの方法については2通りありそうな感じです。

  • 金額指定で先払い
  • 項目毎に先払い

まずは何も考えずに金額指定で先払いを伝えてみました。

今回は約80万円の支払いがあったので、80万円を一括で支払う希望を伝えました。

これはそのまま全額支払うので、この際のSPUは全て付与されなくなります。

実際に65万円程度は楽天市場での買い物でしたので、6500分のポイントが付与されなくなる訳です。

これはかなりもったいないですよね。

そこで必要最低限だけ先払いしたい旨を伝えました。

実際には20万円分だけの支払いを希望しました。

その時に「楽天市場以外の明細から優先して支払いできますか?」と加えて依頼をしてみました。

これが通ればSPU問題は解決しますもんね。

返ってきた回答はこちら

「可能ですが、金額指定ではなく、明細毎の指定になるので、先払い金額はちょうど20万円に合わせることはできない」

とのことです。

各利用明細毎に、先払いをするかどうかについて、1つ1つ指定することができる様です。

今回については、楽天市場以外での支払いを約15万円、楽天市場での支払い分を5万円程度支払うことでサクッと決めてもらいました。

結構融通が効くんですね。

 

まとめ

ここまで楽天SPUの付与に関する注意点についてお伝えしてきました。

結論としては

  • ポイント支払いはやめておく
  • 先払いをする時は楽天市場以外の明細から優先して支払う

楽天ポイントせどりを活用している人にとっては、上記2点が引っかかることになると思います。

仕入れ金額が増えてきた時に、少しでも損をしない様にこの情報が参考になればと思います。

微差が大差を作ることを念頭に!

それでは良いせどりライフを!

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・