楽天ポイントせどりで獲得したポイントは確定申告必要か?




こんにちはあおはる@aoharufx(ツイッター)です。

本日はYahooニュースでも取り上げられていました、国税庁のタックスアンサーについて取り上げたいと思います。

拡大する共通ポイントの普及や、今後政府が発行するマイナポイントの使用時に関係してくる内容ですので、ざっくり確認していきましょう。

この記事を読むと以下のことが理解できます。

  • 店舗で付与されるポイントを、次回の値引きとして使用した場合は課税対象になり確定申告が必要なのか?
  • 楽天ポイント、Tポイント、dポイントなどの共通ポイントを使った時の、課税範囲は?
  • 副業として楽天ポイントせどり、家電量販店でのポイントを次回の仕入れに使う場合の処理は?

けっこう気になる方も多いのではないでしょうか?

実際に私自身、楽天ポイントせどりをやっていて、2020年1月1日から個人事業主として開業しましたので、2021年度から確定申告が必要になってきます。

その時にどうなってもいい様に、ポイントを利益として計上できる様に計算していますが、そのあたりが少しクリアになりました。

それでは以下を最後まで気軽にお読みください。

 

付与されたポイントを取得、使用した場合は課税対象になるのか?

以下は国税庁のホームページの内容です。

 

買い物で付与されたポイントは非課税

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1907.htm

国税庁ホームページ

 

「原則として確定申告は必要ありません」

との記述がありますので、課税対象ではないという認識でいいと思います。

店舗で商品を買った時に付与されるポイントを次回の買い物で使用しても、それは経済的利益には当たらないということの様です。

いろいろと説がありましたが、値引き説という認識に落ち着きそうです。

これは個人的にはかなりいい感じの方向になっています。

楽天ポイントせどりをしている私は、年間を通してけっこうな額を稼いでますからね。

 

付与されたポイントが課税対象になる例

ただし例外がある様で、それが以下です。

「?」

正直よくわかりませんが、買い物以外でついたポイントなどは一時所得に当たる様です。

楽天での話で言えば、送られてきたメール内リンクをクリックした時に付与されるポイント、ポイントサイトなどで得たポイント、などでしょうか?

ただこういうポイントって、一般の家庭では税金を納めることは少ないと思います。

それは一時所得では、50万円までは非課税という枠があるからです。

こういうワンクリック1ポイントなどを得たり、ポイントサイトでサービスを利用した時につくポイントで50万円ってけっこう難しいです。

現実的には厳しいかな?という印象です。

 

楽天ポイントせどりをやっている人も非課税で確定申告不要なのか?

ここまでお読みいただいてどうでしたか?

結局ポイントは経済的利益に当たらないということで、課税対象からは外れるので確定申告は不要ということが原則ということまでは理解いただけましたよね?

ただ、例外もあったり、副業として楽天ポイントせどりをやっている人にとってはどうなんでしょうか?

実はまだ論争はされている様ですが、おそらく課税対象になるというのが私の認識です。

以下、会社員の副業を含む、ポイントを取得、使用した場合の取り扱いについてこう書かれています。

 

ポイントの経理処理として

  • 値引き処理
  • 両建処理

の2つがあることがわかります。

値引き処理では、使ったポイントを値引きとしてカウントするパターンです。

上の例では21円分の値引きとして計上するのか、雑収入として計上するのかの2パターンです。

楽天ポイントせどりを実践している方からすると、買った値段と売る値段はほぼ同じか、買う価格の方が高いことが多いと思いますので、基本的には売買損益はマイナスになっていきます。

例えば、

家電Aの価格が10000円でポイント還元が30%の3000ポイントが付与される商品を仕入れて、9000円で売る場合。

実際の現金支出は、9000円-10000円=マイナス1000円になります。

実際の売買損益自体はマイナスになりますが、ポイント3000ポイントを加味すると、実際はお得になっているということです。

これが値引き処理されるなら、ただ商品の仕入れ価格が安くなるので、その商品を売った時にその分多くの利益が出ますので、通常の売買損益の計算で良いことになります。

 

ただ両建処理ということになった場合は、実際の売買損益はマイナスだが、雑収入としてポイントが入るので、計算がけっこう面倒臭くなりそうです。

通常の売買の損益にプラスして、ポイントの付与分を全て記録する必要があるからです。

楽天のポイントシステムってけっこうややこしくて、キャンペーンに応募してから、ポイント付与されるまで2ヶ月かかるというものもよくあります。

こうなると、いつのポイントかもよくわからないので、かなり面倒だと思います。

できれば値引き説で終わらせてもらえると助かるのですが。

 

まとめ

ポイントの処理としては、基本的には課税対象にならず、確定申告は不要ということになりそうです。

ただ例外はあるので、買い物以外でついたポイントなどは一時所得で申告する必要があります。

また副業としてポイントを活用する場合、楽天ポイントせどりをされる方は、どういう処理をするかは2パターンあって、値引きで処理する方法か、雑収入として処理する両建処理かの考えは別れている段階です。

とりあえずせどりを副業としてされる場合は課税対象にはなってきますので、しっかりと確定申告できる体制は整えておくべきだと思います。

最後に、私は税理士ではありませんので、最終的な判断は税理士の方に相談ください。

上記は個人的な見解であることをご容赦願います。

 

2 件のコメント

  • Hi, Neat post. There’s a problem with your site in internet explorer, could check this?K IE still is the market chief and a good part of other people will miss your fantastic writing because of this problem.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・