ドル買いはいつ起こるのか?2019年最後のチャート分析




2019年最終のFXチャート分析をやっていきます。

本日はドルが売られ続けているので、いつ買い支えられるかについて考えていきたいと思います。

2019年内最後のチャート分析になりますので、しっかり見ていきたいと思います。

 

FXチャート分析

ドル円 売り目線

ドル円

ドル円の日足チャートです。

上値が限定されて、下落局面の様に見えます。

このドル縁がどこまで下落するかが今後の注目ポイントだと思います。

他のドルが絡む通貨ペアも見て、転換点を探していきたいと思います。

 

 

GOLD 買い目線

gold

GOLDの日足チャートです。

チャネルラインも上抜けて、上昇基調です。

とりあえずの上昇の目処は、黄色い水平線ライン1554円付近でしょうか。

このあたりまでは上昇する可能性がありますので、ショートを仕掛けるのは現状怖いですね。

 

ドルフラン 売り目線

ドルフラン

ドルフランの週足チャートです。

徐々に上昇しながらレンジを形成していたドルフランですが、下落局面に移行しました。

週足でのチャネルラインも下抜けてきたので、もう少しの間は下落していく見込みと思っています。

下落目処は、チャネルラインの下辺あたりになりますので、この通貨でもドル買いが起こりそうな場所はまだ遠い様に思います。

水平線ラインは複雑で正直よくわかりません。

強い抵抗線はないという判断をしています。

みなさんの見方はどうなんでしょうかね?

 

ポンドドル 様子見

ポンドドル

ポンドドルの日足チャートです。

今から下落方向に転換することを想定して、フィボナッチを引いてみました。

ヒゲがありますので、ヒゲを考慮した場合と、ローソク足本体で引いてみました。

ちょうど今の地点がラインが重なっているポイントになりますので、この通貨ではそろそろ転換して、161.8%を目指す展開も見れます。

ただやはり他の通貨ペアを見てもドル買いは起こりにくいので、ポンド円のチャートも確認しておきましょう。

 

ポンド円 様子見

ポンド円

ポンド円の日足チャートです。

ここから下落して、161.8%を目指す展開は考えにくい感じです。

下げるなら、最低でも50%まで上昇してからになると思うので、もう少し様子見をしておきます。

ということで、ポンドドルに関しても、ショートで攻めるのはまだ早そうな印象です。

 

FXチャート分析 まとめ

本日はドル買いがいつ起こるのかについて焦点を当ててきました。

ただ私が見る限りでは、ドル買いはもう少し先になりそうな感じです。

ドル買いで攻めたい私はもう少し下がった段階で、買いを入れるのを狙うので、正月中も下げるなら、チャンスになると思います。

2019年にブログ運営を始めて半年経ちました。

今後もFXに関する知識を増やし、少しでも多くの情報を発信できる様にしていきますので、お付き合いよろしくお願いします。

それでは良いお年を!

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・