FXチャート分析(10月17日)ポンドの分析をして利益を狙う!




 

本日はFXのチャート分析をやっていきます。

今週はあまりFXに時間をかけておらず、別のことをしてました。

先週からポンドが爆上げして、どんどん上げていきましたが、やっと落ち着いてくるかも?という状況まできました。

ということで、今回はポンドについてのチャート分析をやっていきたいと思います。

目次

FXチャート分析

ポンドドル

ポンドドルの日足チャートです。

一気に吹き上げたのは、仕方ないんですけど、どこまで上げるのか予想できたら強くないですか?

今回は事前にフィボナッチを引いておけば、上昇が止まる候補を確認することができます。

うまくいけば大きく利益を取ることができる手法なので、是非とも実践してもらえればと思います。

まずポンドドルは他の通貨と違って、エリオット波動が複雑になっていました。どこからどこまでが1波なのかがわかりにくいです。

結果的にフィボナッチを引いたあとから見えるのが、第1波だったのかもしれません。

そして第3波は161.8%付近まで価格が上昇しています。

例え第3波がわからなかったとしても、その候補は探し出せるわけです。

今回のポイントはエリオット波動の1波はどこだったのかが重要でした。

 

ポンド円

ポンド円の日足チャートです。

こちらはエリオット波動で波の形成を見ていくと、ポンドドルに比べてシンプルな値動きになっていそうでした。

こちらのチャートを参考にしながら、他の通貨についても分析できると思います。今回はポンドドルが下落し始めた時に、こちらもつられて下落していきました。ちょうど第3波が出来上がったであろう地点からの話です。

ということで、今回はポンドドルのチャート分析をしながら、ポンド円のチャートを見て、ポンド円はフィボナッチの161.8 %まで到達していないので、ポンドフランを見てから、ポンド円をショート入れても良かってですね。

 

ポンドフラン

ポンドフランの日足チャートです。

こちらも、先ほどのポンドドルとポンド円を見て入れば利益を取れていたかみしれませんね。

ある程度相関関係にある通貨ペア同士を見ることができれば、反応して下落した時のを確認してから、もう片方の通貨ペアでエントリーすることができます。

 

FXチャート分析まとめ

今回はポンドの値動きについて、解説をしていきました。

相関関係ペアを見つけて反応した方についていくことで、反応したことを確認してから、他の相関関係にある通貨ペアに入ることもあるようです。

今回はエリオット波動の第3波を見つけるためにも、多通貨への分散投資は有効だったと思います。

エリオット波動の第3波がよくわからないよ!という方はこちらの記事を参考にしてください。

エリオット波動第3波でのトレード手法について!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・