米雇用統計での値動きについて!2019年10月4日




先ほどアメリカの米雇用統計が発表されまして、指標が結果的にはよかったような感じですね。

正直結果はどうでもよくて値動きだけ見てたらそんな感じですね。

実際私がファンダメンタルは全くと言っていいほど参考にしませんので、全てテクニカル分析でトレードしています。

今回はその米雇用統計での値動きについて簡単に解説していきたいと思います。

上がるべくして上がったという感じです。

 

米雇用統計直後の値動きについて

ドル円

ドル円の1時間チャートです。

ちょうど吹き上げた感じでスタートしました。

106.6円付近から107円付近まで一気に上昇しました。約40pipsということで、最近の雇用統計にしてはけっこう値幅は大きかったほうだと思います。

まぁこの上昇はなんとなく予想できていましたので、その根拠についても触れていきます。

ダウ平均株価

ダウ平均株価の4時間足チャートです。

日足で見たらもっとわかりやすいんですけど、トレンドラインがしっかり効いていて、反発するところでしっかり反発してるんですよね。

この反発は昨日のタイミングでしたので、もう上がることはこのチャートを見る限り確定していたような感じです。

一昨日にはダウのチャートを見ていて、このトレンドラインまで下がったらロングを入れようと思っていましたが、すっかり忘れていたの、見ていなかったです。まぁ仕方ないですね。

ということでしたが、追っかけですが、若干のプラスをとって逃げることに成功しました。

こちらツイッター投稿です。

あまり余裕がなかったので、エントリーして利益が乗った時にすぐに決済をかけました。本当はこんなところでエントリーしたらダメですよ!

優位性がないですから。

基本はスイングトレード派なので、かなりイレギュラーなエントリーでしたので、さっさと終わらせてよかってです。保有していたら値動きが気になって眠れなかったと思います。

朝まで放置してれば爆益になってたかもしれませんが、未来はわからないですから、すっぱり諦めます。

 

米雇用統計まとめ

ということで、米雇用統計時にはダウ平均株価のエントリーと利確をして終わりました。利益的にも3000円程度の利益を取れたので資金量からすると十分です。

結局は米雇用統計も吹き上げる手伝いはしたものの、元からあげることは確定していたような状況でしたので、雇用統計前にエントリーしているべきでした。

毎日チャートを見れたらちゃんと取れるんですけどね。

あまり時間を割きたくないので、しょっちゅうチャートを見ることはしませんが!笑

それでは。

 

米雇用統計のトレードについての考えの関連記事はこちら↓

8月の米雇用統計でトレードする時に考えていた2つのことについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・