FXで年間20万円以上稼いだサラリーマンは確定申告が必要なのか?




本日は、FXで年間20万円以上稼いだサラリーマンは確定申告が必要なのか?ということについて解説していきたいと思います。

これはあなたの年収と、使っている口座によって変わってきますので、自身のタイプに当てはめて計算してみてください!

またこの記事では、あなたの年収、FXで稼いだ金額によってオススメの口座についても解説していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

FXで年間20万円以上稼いだ場合のサラリーマンの税金例

 

国内口座での税金の扱い

まずは国内口座でFXトレードをしているサラリーマンの方が、年間で20万円の利益をあげた場合を解説していきます。

そもそもサラリーマンの副業は20万円までは確定申告も不要というように、決められていますので、20万円未満の方は何もする必要がありません。

まずFXを副業にする時の、税金上の扱いとしては「雑所得」という扱いになり、申告分離課税(他の所得と合算せず、特定の所得に対して別々に課税すること)に当たります。

FX取引における課税方式は統一されていて、すべて税率20.315%(所得税15%・復興特別所得税0.315%・住民税5%)です!

この税金が約20%というのが、サラリーマンに比べると優遇されていますよね。サラリーマンの税金(所得税、住民税)は、累進課税なので、稼げば稼ぐほど税金が増えて最大55%にまで達します。

サラリーマンで1億円稼いだら5500万円の税金がかかりますが、FXで1億円を稼いだ場合は2000万円の税金で済むわけです。

 

FXの利益が年間20万円以下でも確定申告をしておくべき事例

FXでの利益が年間20万円以下でも確定申告をしておくべき例がありますので、こちらも是非覚えておいてください。

それは、損失が出た場合です。

国内口座の場合は、損失を3年間に渡って損失を通算させることができます。

これを「損益通算」と言います。

わかりやすく説明しますと、

単年だけで見た場合はこんなイメージです。

2019年度で100万円の損失が出た場合→税金は0円

2020年度で100万円の利益が出た場合→税金は約20万円

為替損益は相殺されてゼロなんですが、税金で20万円持っていかれているので、2年間のトータルで見ればマイナス20万円になっています。

 

それを損益通算を使うと2019年度で出た損益を、次年度の利益から差し引くことができます。

2019年度で100万円の損失が出た場合→税金は0円

2020年度で100万円の利益が出た場合→100万-100万(2019年度の損失)=0円→税金は0円

ということで、先ほどの単年での税金の計算では20万円の損失がありましたが、今回は税金が0円で済ませることができます。

これは知っているか、知っていないかだけで大きく利益に直結してきますので、損失が出た場合は、しっかり確定申告しておきましょう。

 

海外口座での税金の扱い

続いて海外口座でFXトレードをしているサラリーマンの方が、年間で20万円の利益をあげた場合を解説していきます。

国内口座と違う点は税金のかかり種類が違ってきます。

まず国内口座では雑所得という申告分離課税だったことに対して、海外口座は雑所得の総合課税に分類されます。

総合課税は、他の所得と合算して経費を引いた分の全体に対して税金をかけていこうという種類になります。

ですので、海外FXは給与所得のあるサラリーマンの年間所得によっても税金が変わってくることになります。

以下早見表です。

税率(%) 給与所得+雑所得 控除額(円)
15 195万円以下 0
20 330万円以下 97500
30 695万円以下 427500
33 900万円以下 636000
43 1800万円以下 1536000
50 4000万円以下 2796000
55 4000万円以上 4796000

これは年収ではなく、所得ですので、社会保険、年金などを差し引いた分にたいしてですので、年収400万円程度のサラリーマンで、基礎控除38万円、社会保険、年金が差し引かれて所得自体は、190万円前後になります。

この場合で、FXでの利益が100万円出ていたとすると、(経費は0円)

(190万円+100万円)×20%-97500円=482500円となります。

年収400万円の所得を持っているサラリーマンが100万円のFXの利益を出すと、FXでの利益が半分程度、取られてしまうということです。

国内口座は1律20%の税金ということが決まっていますので、海外口座と国内口座の選択基準として、この税金20%を超えるかどうかに関わってきます。

サラリーマンの給与所得と、雑所得が330万円以下なら海外口座でも20%の税金で済みますが、331万円を超えてくると30%以上の税金がかかりますので、ある程度の年収がある方や、FXで大きく利益が出る方は、国内口座の方が税金面で損をしてしまうということです。

また海外口座は利益が出れば出るほど、税金は高くなっていきますので、注意が必要です。

 

FX海外口座は損益通算ができない

またFX海外口座については、国内口座でできていた損益通算はできません。

損益は単年で処理されてしまうので、マイナスが出てしまっても、この損失を次年度に繰越すことができません。

この点に関しては、国内口座には劣りますね。

 

まとめ

それではFXで年間20万円以上稼いだサラリーマンは税金がいくらかかるのか、についてまとめていきます。

まず国内口座の場合ですが、

申告分離課税で、一律20%の税金がかかり、損益通算ができますので、 年間20万円以上の利益が出た場合か、損失が出た場合に確定申告をしておくことが必要です。

海外口座の場合は

総合課税で所得に応じて15%〜55%の税金がかかり、損益通算はできないので、年間20万円の利益が出た際には確定申告が必要ですが、損失が出た場合は確定申告は必要ありません。

ということで、自身の所得と、FXの利益に応じておすすめの口座も変わっていきます。

少額の投資で、小さくリターンを狙うなら海外口座が適していますし、

多額の投資資金があって、大きくリターンを狙うなら国内口座の方が、税金面では有利です。

自身の収入とトレードスタイルによって、海外と国内の口座を使いこなしてみてはどうでしょうか?

実際に私はサラリーマンの年収が450万円程度で、FXでのトレードは少額でスタートしているので、海外口座が適しています。

これがFXで年間利益200万円とかになってきた時には、国内口座の方が税金が優遇されてくるので、そこまでは海外口座を使い続けます。

私がメインで使っている海外口座XMの特徴についてはこちら

FX海外口座XMが低資金のサラリーマンにおすすめなのかを解説しています。

 

また不労所得の第一歩として、GEMFOREXにて、サヤ取りスワップ運用口座のおすすめです。

GEMFOREXにてサヤ取りスワップ運用の実績を報告しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・