ダウ平均株価の行方!過去のドル円チャートと酷似している!






本日も1日5分!FXのチャート分析やっていきます。

本日は先日からの保有通貨の様子見と、ダウでショートを入った感じです。ダウのこのチャート形状は過去に別の通貨ペアで見た全く一緒の形してます。

実はこれ過去のドル円ですね。あとでダウのところで載せてますので、参考にしてみてください。過去と形状が似ているからといって同じ動きをするかどうかはわかりませんよ。

ちなみにこれ、過去の「たまり」=売買が均衡しているレンジ

このあたりに水平線を引くと、そこが意識されているのがわかります。現状上から落ちてきて、その止まるべくして止まるところでちゃんと反応しているので、かなりわかりやすいです。

ここから上にいくか、下にいくかはわかりませんが、なんども下に抜けようとしているので、私は下を目指すことを意識しました。

それでは細かく(結局ざっくりですが)見ていきましょう!

目次

FXチャート分析

ユーロニュージー

ユーロニュージーの日足チャートです。

こちらは先日から追っていますが、継続して下落トレンド継続しています。

まだ下がるので、まだまだ放置です。

はい、次です。チャート見る時間は3秒程度です。

ニュージードル

ニュージードルの日足チャートです。

こちらも先日からの継続の通貨ペアです。まだ確定ではないですが、上昇トレンド継続の可能性がありますね。上がるならまだまだ上がります。

今日も何もすることがありません。こちらもチャートを見る時間は3秒程度。

ゴールド(金)

ゴールド(金)の4時間足チャートです。

引いているラインを上抜けてまた戻ってきているので、わけわかりません。

ショートで入りたいですが、どうしましょう。。。と少し悩んでノーポジを選択しましたが、ブログ書いている今!売りたい衝動にかられています。。。

新規ポジション入ったらツイッターで報告しようと思います。

ショートで入ってもリスクは小さいので、普通はおすすめですね。

ダウ平均株価

ダウ平均株価の1時間足チャートです。

本日の午前中に一旦上からのショートを利確しましたが、こうして見ると止まる理由がわかりますね。ここから上がるか下がるかは5分5分ですが、とりあえず勢い的にショートを選びました。本当は向かった方向についていく方がいいと思いますよ!

赤の横線のところが意識されている箇所になっています。過去に売買が均衡した場所になっていますので、参考にしてください。

で最初に伝えたドル円の過去のチャートがこちらです。三尊を形成して止まるべきところでしっかり止まっていますよね。

過去の動きとしては、一旦上に上がった形になっています。

ダウも同じ動きをするのかわかりませんが、ドル円に関しては、上がりそうな予兆がチャートを見て取れます。

しかし今回のダウはけっこう下に行きたそうな感じだと個人的に思っています。これは自分なりの根拠もあるんですけど、予想の範疇を超えていないので、詳しくは書かないでおきます。

まとめ

今回は保有通貨ペアに関しては、継続なのですることない感じでした。

ゴールド(金)に関しては、よくわからない形状になっていますが、やるなら小さいロットでショートをすると思います。

問題はダウですね。下がった場合は下げ止まるところが予想できるので、けっこう狙いやすいと思います。上がるかどうかはわかりませんが、上から落ちてきて、一旦利益を確保する場所は予想できた感じです。

昨日の記事はこちら→ゴールド(金)のトレードで損小利大の実績(7/17)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・