7月3週目のトレード戦略!三角保ち合い(持ち合い)をどう攻略する?






2019年7月15日からのFXのトレード戦略を練りました。

今後はゴールド(金)の取引をメインに利益をとっていきたいと思います。

ゴールドは現在は三角保ち合い(持ち合い)で難しいところにきていますので、週明けの値動き次第という感じですがどうなるか。

この三角保ち合い(持ち合い)の場面はよくあるので、自身のパターンを決めておくと悩まなくていいと思いますよ。

また利確をするかどうかのポイントにきている通貨ペアもありますので、取り逃さないようにしっかりとチャートを見ていきます。

FXチャート分析

ゴールド(金)

ゴールド(金)の4時間足チャートです。先日ショートで大きく利益をとって、現在ノーポジになっています。この形だけ見ると三角保ち合い(持ち合い)の場面です。

ここでの次週の戦略はおおよそ以下だと思います。

  • 様子見
  • レンジで取る
  • ブレイクで取る

ここでどれを選択するかは、決まりもないですし、人によっても違います。

ん〜私ならどうするかなぁ。

レンジで確実に取りたいところなんですけど、上三回、下三回ラインで反発してるので、そろそろ抜けると思うんですよね。なのでレンジで取ることは今回は私はしないかもです。

でもできれば様子見は面白くないので、エントリーしたいんです。

ただ、ブレイク取るのも個人的に難しいんです。

本業があって抜けた時に相場を見ていられないので、、、泣

なので、やるなら相場が空いてすぐに方向性を決め打ちでブレイクすることを想定してエントリーします。

で、どちらにかけるかというと、、、

今のところロング方向70%ぐらいって感じです。

根拠は、私の感覚でしかないんですけど、三角保ち合いの最後、下のラインに到達していない場合、買い圧力がこの時点では勝ったということですので、買い目線の人が多いような感じがします。

ということでロングを仕込んで、損切りを三角保ち合い(持ち合い)のライン下に設定すると思います。

今んとこですけどね。

次にドル円の値動きも相関する可能性がありますので、ドル円のチャート分析をしていきましょう。

ドル円

ドル円の4時間足チャートです。色々ラインを引いていますが、けっこう難しいですね。いろんなラインの引き方があるので、私が想定できるラインを引いて見ました。

基本的には上目線だったんですけど、もしかしたら下に落ちる可能性もあるかという値動きです。

1時間足で詳しく見ていきます。

ドル円の1時間足チャートです。まだわからないですが、ラインブレイクをして引きつけているようにも見えます。

週明けの値動きで下に進むなら下落確定と見ていいと思います。

かといってショートで攻める勇気はないので、ドル円に関しては様子見をしようと思います。

まぁ基本は下げ目線に変わったのかという見立てです。

(ただあとで出てきますが、ユーロドルのチャートパターンと似ていて、ユーロドルはこのあと上昇していきました。笑)

まぁとりあえず下目線ということで、先ほどのゴールド(金)は上昇する可能性が1つ増えるわけです。

やはりロングは買いで勝負してみようと思います。あとはエントリータイミング次第といったところです。

ユーロニュージー

ユーロニュージーの日足チャートです。これは完全に下目線です。一気に下げてもらって、含み損があるポジションを一気に相殺していきたいところです。

けっこうスワップも大きくついてます。約1万円プラススワップが貯まってます。これはとりあえず向こう1週間は放置かと思います。

ポンドフラン

ポンドフランの日足チャートです。

底でロングを入れられたかどうかはわかりませんが、リスクが少なく買い目線の人も多くいそうな場面なので、多少は上がると思っています。下がれば損切られるだけなので、リスクは少なく設定できていてけっこういいポジションだと思ってます。

ユーロドル

ユーロドルの日足チャートです。

完全に逆行で、なんでショート入れてるのかわかりません。完全にダメトレードです。どう考えてもロングですよね!笑

もう後になってからなんでこんなことになってるんかなぁと思う時もよくあります。

過去のブログです。

らしいです。。。笑

完全に外してますね。まぁ日足で見ると決めてるので、素直に日足で見てたらよかったんですね。やっちゃったのは仕方ないので、ショートを追加して相殺するまで持ち続けますよ。

ユーロドルはスワップもらえますからね。その間は他の通貨でプラスを出していきますよ!

ニュージードル

ニュージードルの日足チャートです。

ロングを入れて建値にストップを置いて負けなしモード中のこの通貨ペア。

もう少し上がるので、上がった時に両建てか、利確かの2択の決断の時。。。

基本的には上まで取りにいきたいので、いったん両建てを入れて上がればショートを損切りしてさらに上を目指す戦略をとると思います。下がれば、ショートを利確してロングをさらに仕込み場所を探そうと思います。

まとめ

7月15日は祝日ということもあり、東京時間は動かないことが予想できます。また全体的にも動きが少ない可能性がありますので、まぁ無理に手を出さないでもいいかもしれませんね。

個人的にはゴールドのレンジブレイクをしっかり狙い撃ちで取りにいきたいと思います。

プラススワップもありますので、できればショートにかけたいんですけどね。

ロングをできればしたくないという葛藤と戦いつつ、ロングを狙います。

今回はユーロニュージーの値動きの予想と、ニュージードルの値動きの予想はドンピシャで当たってますので、その根拠として記事にしていた過去の記事リンクを貼っておきますので、参考にしてください。

利益が出た時の動き方!建値ストップ連打!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・