2019年6月4日 転換点到来?

<ドル円>

 こんばんは、あおはるです。本日もチャート分析、チャンス銘柄を紹介していきます。

 上のチャートはドル円の日足チャートです。チャネルライン下部に当たりそうになったので、若干買いが入りましたね。私も小さいロットでロング追加しました。本当はもう少し待ってからのがいいのですが、ポジポジ病ですね。

ドル円の動きはゆっくりなので、日足チャートを見て穏やかにトレードできます。資金に余裕がある方は小さくロングしてもいいと思います。

 続いて、本日チャートを見てチャンスと思った通貨ペアのチャートを見ていきます。

<ポンド円>


 下がり続けていたポンドに回復の兆しが。。。だいぶん上でロングぶち込んでしまっているので、含み損抱えています。まだ下がるかもしれませんが、ラインを超えて上がっていく様にも見えますので、ショートポジションを全て決済しました。本当ならロングを一枚入れるところですが、完全に上目線ではないので、下にセルストップを置いて終了しています。以下ショートポジション決済画面貼っておきます。

大きい動きをするポンドでも、しっかりマネージメントできれば怖くありません。ポンドドルが反発して上がっていくことを思うと、ポンド円も上昇に転じるかもしれません。

<ドルフラン>

 上はドルフランの日足チャートです。チャネルラインをわってきており、下目線にも取れますが、ここから反転し上にいくシナリオも考えられるため、ロングを1枚入れました。下にはセルストップを入れています。上がればそのまま利益になりますし、下がったら、両建てになり、一旦リセットする感じです。ドルフランのロングはプラススワップなので、これも、下がった場合プラスに転換するまで、半年、1年は持ってもいい通貨なので、気長に持ちます。

 ちなみに、ここで軽く触れておきますが、XMならこの両建てをすると、証拠金を使っていないことになります。国内口座では、ロング、ショート共に証拠金が必要になってきますので、資金が少ない(10万〜30万ぐらい)方は、この手法は使いにくいと思います。

 ただ、XMで少ない資金でも予想とは逆にいった場合でも、両建てで一回止めて、転換点をしっかり見つけることができれば、それまで、ショートで利確しつつ、ほぼプラスマイナスゼロ状態を作ることができます。

 私の手法では、両建てを使って、思った方向と逆にいった通貨ペアは転換点がくるまで我慢し、伸ばせる通貨ペアを伸ばしていくスタイルです。このスタイルで投資をしていますが、実際昨年は20万ほどの利益を確保できました。(15万入金口座)副業20万まで確定申告がいらないということで、20万円で抑えました。

 一晩で数百万の利益が出る様な、天井、底を当てていく、ギャンブル的なトレードはしていませんので、ハイレバの醍醐味がない!という意見もあると思いますが、個人的には負けない為にどうするかを考えた結果、このスタイルで落ち着いています。

 ハイレバ投資でロットを大きく入れると、損益が気になって、スマホ画面をずっと見てしまいます。本業にも支障が出ますし、睡眠もゆっくり取れず、私には合っていないと感じ、6年ほど前から、そういう投資法はやめました。

 ゆっくり一年を通して2〜5倍程度なら増やせそうな見通しですが、こういうぐらいの増え方でもいいという方向けに発信していきます。

以下私が使っているXM口座です。デモ口座で試しにトライすることもできますし、3000円分のトレード資金もプレゼントしてくれます。一緒に稼ぎましょう。

口座登録はこちら(海外FX XM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ youtubeやってます。 https://youtu.be/xuOcPXWr5zQ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ツイッターもやってます。サラリーマンの視点でのFX、節約、副業についてのツイートを日頃しております。 https://twitter.com/aoharufx ・・・・・・・・・・・・・・・・・・